ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅立ちのとき~お江の方~

ここの所すっかりご無沙汰している

我が家の面白ネタの数々・・・

明日こそご紹介出来ると張り切って

今日は歴史話の続きをいたします。







六つも年下の秀忠に嫁ぐ事が決まりましたが

お江には一粒種の愛娘がいます。

この子を姉・お茶々に預ける   という名目の

云わば「人質」として残して行くことになりました。






残された子は完子(かんし・さだこ)といい

長じてからお茶々の猶子(ゆうし・養子の意)として

公家の九条院家へ嫁ぎますので

実際の意味での「人質」とは趣が違います。






お江の行く先は江戸・・・ではなく

秀忠はその時京都の伏見に滞在していたので

遠く江戸へ下る(当時は首都が京都ですから江戸へは下りです)のは

まだ少し先になります。





京都滞在中お江は早くも懐妊したため

江戸行きを遅らせて出産する事になりました。






生まれたのは女の子

後に秀頼の正室になる千姫です。




千姫と共に江戸城へと旅立ったお江は

夫・秀忠の子を次々に産んでいきますが

肝心の男の子には恵まれず周囲をヤキモキさせました。




ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
      
      にほんブログ村 家族ブログ 四世代同居へ
           
      
      TREview



携帯の方はこちらをお願いしますm(_ _)m           
     FC2 Blog Ranking
     家族ブログ 四世代同居
     ブログランキング 歴史
     TREview『その他』ブログランキング
スポンサーサイト

| 家族の徒然 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

次々と産む

こんばんは
いつみてもこの時代は男の子を産まないと
絶対ダメなのね。
次々と簡単に産めるって案外羨ましい時代ですね。
明日に期待しますね( ^)o(^ )

| 敷島 | 2010/11/14 17:23 | URL | ≫ EDIT

敷島さんへ

男の子がいないと「お家断絶」で
領地が召し上げられます。
そうなって一番困るのは領主ではなく
その家に仕えている武士達です。
だから保身のためにはど~~~しても
跡継ぎが必要になってくるのです。

この最たるものがこれより後の時代になりますが
将軍家での「大奥」になっていく訳です。

| イェモン | 2010/11/14 19:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://act121.blog94.fc2.com/tb.php/891-e87afc8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT