ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幼な妻~お江の方~

今日はおとぉとの運動会前編(?)なので

多分帰ってきてからでは何も出来ないと思い

前もって予約投稿しておきます。





養父柴田勝家と母お市亡き後で

三姉妹が身を寄せたのが織田家の跡を継いだ

三法師の居城安土城でした。

伯父の信長が建てたその豪華なお城

殆ど見る影も無かったでしょう。





三法師が城主となってはいるものの

実質的に後見役になっていたのは

豊臣秀吉です。






そこで焼く2年を過ごした頃に

思いもかけない縁談話が持ち上がりました(゜ロ゜;






まずは順番から言っても長女のお茶々かと思いきや

何とっ!一番末っ子のお江に対しての

結婚話を持ってきたのでした。






これには秀吉のある考えが隠されていますが

それはまた、後ほどのお話で詳しく語りたいと思います。







お江の結婚相手の名は佐治一成(さじ・かずなり)といって

伊勢湾の海上交通を掌握していた佐治水軍の当主です。

当時の軍事力は海軍が物を言った時代。

陸路は今のように整備もされていなかったので

海軍を傘下につけるという事が重大になっていました。






つまり自分の手駒(子供)がない秀吉は

元主君の血筋を上手く使って

権力を拡大しようと目論んでいたのですね。







当の佐治一成の母はお市の姉のお犬という人で

二人はイトコ同士の結婚という事になります。

この時代には別に珍しくも何とも無かった

極々普通の結婚というわけですね。





この結婚の時のお江の年齢は

僅か満11歳でした!

昔は初潮が来ると「女」として

結婚適齢期になったと言われていました。

今なら小学生妻という按配ですね i|i|(OωO`)i|i| エェッ!?




お江の以後の結婚生活については

また来週っ!(* ̄O ̄)ノ




ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
      
      にほんブログ村 家族ブログ 四世代同居へ
           
      
      TREview



携帯の方はこちらをお願いしますm(_ _)m           
     FC2 Blog Ranking
     家族ブログ 四世代同居
     ブログランキング 歴史
     TREview『その他』ブログランキング
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 20:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

えっホンマなの

おはようさんです
昔はええなぁ。
天国ですね。
本当におさな妻ですね。
いとこ同士でも問題ないのかなぁ。
血縁が薄いのでしょうね。
私的に現在に当てはめると羨ましいと
当時の子供よりは現在の方が
幼稚すぎて無理かなと妄想します(#^.^#)
こんなことしか考えてません(>_<)

| 敷島 | 2010/09/27 05:44 | URL | ≫ EDIT

敷島さんへ

この頃は伯(叔)父と姪。伯(叔)母と甥も
結婚するのはOKです。
勢力拡大と共にそれを維持する為にも
至極当然の事だったでしょう。

勿論それなりの年頃になるまでは
お飾り夫婦だったと思いますが
何年か前にドラマでやっていたような
「14歳の母」も実際にありました。

40歳過ぎれば「老人」の仲間入りでしたから。

それに比べれば現代は何時までも若いっ!?

| イェモン | 2010/09/27 19:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://act121.blog94.fc2.com/tb.php/850-097471ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT