ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

女院ハジメテ物語―東三条院詮子―

8月イッパイのお休みを自主的にいただきました。466

イェモンの「女性が動かす歴史秘話」(勝手にタイトルつけるなっ!)

再開です!!460314

 

 

 

今回は誰を語ろうかと一月じっくり考え(嘘つけっ!)思い悩んだ末に

「女院(にょいん・にょういん)」という不思議な地位について

勝手な解釈をご披露させて頂きます。32

 

 

 

 

「院」という呼び名はご存知の通り

「天皇が退位した後によばれるれる称号」352です。

 

でも「女院」と呼ばれた方々は決して「退位した天皇」ではありません。

女性天皇は孝謙(称徳)天皇以来江戸時代まで出現してませんから。

 

 

女院とは太皇太后・皇太后・皇后(三后が位を退いた後に

以前と同等の権威を保てるという地位です。

まぁ、後の「院政時代」には三后以外にも現れますが・・・・・451

 

 

ここで少し寄り道をして三后(さんこう)についていうと、

太皇太后(たいこうたいごう):天皇の祖母510

皇太后(こうたいごう):天皇の母209

皇后(こうごう・中宮と同じ):天皇の妻513

簡単に言えばこうなるのですが

当時の権力争いの渦中においてこんなタテマエは無いも同然。430

色々ややこしい人間関係が伺えます。

 

 

 

最初に「女院」号を名乗った人の名は東三条院詮子です。490

彼女は一体どんな人なのか・どんな時代を生きたのか???

 

 

 

続きは、また。






ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 08:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イェモンさんの歴史ネタ、キタワ\(^o^)/
ふむふむ、勉強になりますなあ。
私は金魚もあきれるほどの歴史オンチ。
イェモンさんのブログで勉強しま~す★

| マダムハッピー | 2009/09/05 23:31 | URL |

興味津々・・・

こんばんは 

私の好きな分野ですね・・・
と言いますか 非常に興味があります。

聖徳太子の時代の姻戚関係? 家系図を見ると
今では考えられない 結婚をしている事には
ビックリ仰天でした。
其れもコレも ネットのおかげですかね・・・

その後 天皇家の事にも興味が沸いてきた次第です。

次回を楽しみに待ってま~す。
何せ 素人ですから・・・教えを請いに伺いますね。

| そらまめ | 2009/09/06 00:50 | URL | ≫ EDIT

マダムハッピーさんへ

嬉しいお言葉有難う御座います。
「独断と偏見」に満ちた我がブログでどれだけ参考になるか・・・


なにしろ「時代を動かした人物」ではなく、その周りの人たちの事の方が興味津々なので・・・スミマセンe-466

| イェモン | 2009/09/06 06:54 | URL |

そらまめさんへ

大昔は「通い婚」のため異母兄弟・姉妹は「他人」でしたから今考えるとオソロシイ婚姻関係ですよね。


ワタシも素人なので、詳しい事は書けませんが楽しんでいただけたら嬉しいです。

| イェモン | 2009/09/06 07:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://act121.blog94.fc2.com/tb.php/493-4ce63c83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT