ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

浮気な夫への報復手段―北条政子―

夫であれば愛する妻が“身重”の時は妊婦

そばで優しく351・・・・というのが理想です。飽くまでも。

 

 

 

頼朝と結婚して467一女にも恵まれ、再び懐妊。

政子の心は文字通り「薔薇色」254だったかもしれません

でも、あろう事かその妊娠中に

 

 

 

浮 気    です。258282

 

 

 

当時は妊娠すると「産屋」家を建て、そこで出産します。511

その留守を狙って頼朝は伊豆に居た頃の愛人50

呼び寄せてしまいます。328

 

 

それを知った451政子はどうしたか?41

夫を奪った憎い亀の前というその愛人の隠れ家を

打ち壊すように人を差し向けます

頼朝の方は自業自得とはいえ、面目丸潰れ。260

打ち壊しに行った本人を呼び出すと

「侍の命」ともいえる(もとどり・まげ)を切ってしまいました。316 (・ω・;)

とんだ所で夫婦喧嘩のとばっちりを受けてしまいますね。

 

 

 

13歳まで都で暮らした頼朝としては

複数の妻がいることは当り前。209209209

むしろ、何故責められるか理解出来なかったでしょう。361

政子の方は「将軍夫人」になる前は

それほど良い家柄でもなく、所謂「田舎育ち」さとと-秋の山

二人の考えの間に大きなギャップがあったようです。

 

 

亀の前50の隠れ家を打ち壊した政子の方ですが

当時は「正妻」「愛人」に対してする

“よくある仕打ち”らしいです。442

当時の尺度ではそんなに非道い事をしたという訳ではなさそうです。466

 

 

 

そして、この先も彼女の悩みは尽きません。アップロードファイル

 

 

続きは         また。





ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview
FC2 Blog Ranking にほんブログ村  ブログランキング  TREview

 

 

スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 07:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんか家を破壊するなんて、逆に爽快な浮気対処法ですね。
現代とはスケールが違う。

亀の前と言う名前も、なにか哀愁を誘う名前。

あまり、どろどろした感じは受けないですね(笑)。

| 金魚参番 | 2009/06/07 17:39 | URL |

金魚参番さんへ

馬鹿を見たのはとばっとりを受けて大切な「髻」を切られた人でしょう。

今そんな事があったら間違いなく「ワイドショー」で漏れなく全国に知られてしまいますね。

| イェモン | 2009/06/07 21:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://act121.blog94.fc2.com/tb.php/383-48343280

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT