ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

穴穂部皇子・物部守屋の分裂―推古天皇―

古代では政敵とは即ち斃すべき相手でした。26

宗教や政策の違いひとつでも一歩間違えば殺されてしまう11

今の政治家さん達もこの位命がけでやって頂きたいもんです。

 

敏達天皇の後は誰が天皇位につくか   というと

橘豊日皇子20    用明天皇

聖徳太子のお父上です。 

 

新たに即位した用明天皇ですが

翌年に延期になっていた大嘗祭(だいじょうさい)牧草が終わった直後

天然痘に罹ってしまいます。100

その病中に日本で初めて『仏教信仰』の詔をだします。おじぞうさん

 

前にも書いたように、その頃の天皇には

天神地神(あまつかみくにつかみ)を奉じ鳥居

神事をおこないう役目がありました。

その当事者が“異国の宗教”507である仏教を信仰するという事は

天皇家(大王家)の権威の低下に他なりません。159

 

勢いをつけるのは蘇我馬子

 

物部守屋は孤立していきます。259

 

追い討ちを掛けるように共に三輪君逆を斃した

穴穂部皇子が豊国法師を伴って

用明帝の見舞いに参内します。花束

 

きっと額田部皇后は二人が分裂していく様子を

薄笑いを浮かべて見ていた事でしょう得意気

自分のプライドを傷つけ、そして、もしかしたら

思いを寄せていたかもしれない三輪君逆を殺した40相手

これから、額田部皇后の

        復讐が始まるのです41

 

続きは       また。

スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 07:24 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんか女性の復讐劇の始まる予感。
恐ろしいですね。
大化の改新にはそんな裏話が有ったとは、いつの世も女性は恐ろしい。

私も気をつけねば(汗)。

| 金魚参番 | 2009/04/26 10:41 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/04/26 11:00 | |

金魚参番さんへ

大化の改新はこの次に女帝になった皇極天皇時代ですね。
いずれ、このお方も語りたいと思います。

それにしても古代は色々人間模様が複雑なので全ては語りきれないです。
オノレの知識の無さがもどかしいe-443

| イェモン | 2009/04/26 15:49 | URL |

大化の改新は蘇我入鹿でしたね。
ハズカシィ~(恥)。

| 金魚参番 | 2009/04/26 19:17 | URL |

金魚参番さんへ

いえいえ、今回の話がある意味で発端となって
「大化の改新」へと進むわけですから
あながち、間違えてはいません。

ワタシ流に“斜めから見た”「大化の改新」も書いてみたいです。

| イェモン | 2009/04/26 21:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://act121.blog94.fc2.com/tb.php/323-d80b7668

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT