ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大したモンだょ“玉の輿”―右大将道綱の母―

女が小さい頃一度はあこがれる職業(?)といえば
『お嫁さん』482 (今は違うのかな?でも、一度くらい思うよねっ!?)



少し大きくなると「三高」(古語っ!!)とか条件が付いたりして・・・



平安時代「結婚青手」を探すというのは
結構大変な事だったようです
何しろいい所の「お嬢サマ」は屋敷の奥深くに隠れて アップロードファイル
父親や兄弟といえども、直接顔を見せない生活です。


でゎ、どうやって「結婚相手を探す」のでしょうか
大抵は家族や使用人(乳母やら侍女やら従僕やら)
「この家に年頃のウツクシイ姫がいる」
それとな~く触れ回るんですねぇ
その噂を聞きつけた「オトコドモ」が
「求婚の歌」を届けてくる3



「顔も見ないでプロポーズ」って
今じゃ考えられない事ですが、当時はアタリマエでした。
そして、認められて女の元へ「忍び込む」(家中が承知でも堂々と入ってこない)
三日間通いつめて、晴れて「ご結婚成立」です。
そして、有名な露顕(ところあらわし)「三日夜の餅」が今で言う「披露宴」339ですか。



道綱の母も最初はこのように
兼家からの「ラブレター」5を受け取りました。
しかし、それは世間一般で語られるような
「香を炊きしめる」訳でもなく「紫の薄様(薄い紙)」でもありません。(この2点は恋文の必須条項でした。)
何の変哲も無い鳥の子紙に下手くそな字で

 
     音にのみ聞けば悲しなほととぎす
            こと語らはむと思う心あり

  (噂に聞いた美しい方と言葉を交わしてみたいと思います)でしょうかね?


ロマンチックの欠片も無い・・・・・
でも、相手は摂関家の御曹司(兼家は右大臣家の三男坊)では
返事をしない訳にはいかない・・・・・


     語らはむ人無き里にほととぎす
            甲斐なかるべき声なふるしそ

  (ここには話し相手になるような者はおりません)かな?



つれない返事にもめげずに兼家からのアプローチに、ついに    彼女が応じます。
でも、ここまでは定石通り。皆このようなプロセスで結婚するのです。



この時、彼女は19歳。当時12~13歳で「婿」が決まる事を踏まえると
決して「早婚」ではありませんでした。
お相手の兼家にしても彼女が「初婚」ではなく 
すでに時姫との間に一男(後の道隆)が生まれています。 511


「美貌」と「才気」で時姫から兼家を奪った jumee☆faceA191Ljumee☆faceA191R



そう思っていた彼女はまた、
時姫と同じ境遇になって行くのです。。。。。。。 がっくり



続きはまた。
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 08:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

平安の人はよく歌をうたいますね。
正直、僕は苦手分野、、、。
イェモンさんは大したものです、感心します。
また、いろいろ教えてくださいね。

またです。

| 光隆 | 2009/03/29 09:12 | URL |

光隆さんへ

本当はワタシも「和歌」は苦手で、良くわからないのです。
同じ歌でも数種類の解釈があったりするし・・・

「平安好き」のクセに・・・・情けない話ですが・・・・・・

| イェモン | 2009/03/29 10:08 | URL |

和歌で会った事も無い人と、恋を始めるプロセスとは、結婚するまでに全ての力や想像力を使い果たしてしまいそうですね。

苦難の多い恋愛程、燃え上がるのは平安の世から人の常なのですね。
大河ドラマの様です。
続きが早く読みたくなりました。

| 金魚参番 | 2009/03/29 17:10 | URL |

金魚参番さんへ

男も女もタフで頭がよくないと、恋愛も難しかったんでしょう。

お付の使用人が恋文を「代筆」してお膳立てしたり・・・
結婚一つにも色々と大変だったようです。

| イェモン | 2009/03/29 17:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://act121.blog94.fc2.com/tb.php/276-afb69022

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT