ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忘れていた訳ではありません~マリーアントワネット

今月の初め位に突然はじめた世界史(?)
マリーアントワネットの生涯ですが
すっかりご無沙汰しているうちに年末!?
あまりにも放置プレイが過ぎるので
年内にチャッチャと終らせてしまいたいと思います!((´・ω・`;))ガンバル!

フランス革命というと先ず思い浮かぶのが
バスティーユ牢獄の襲撃でしょうか?
これ以降武器を持った庶民が暴徒と化し
各地で貴族や領主を襲い始めます
その群集はベルサイユ宮殿を目指し
「王族の安全確保のため」という名目で
国王一家はパリのチュイルリー宮殿へつれていかれます

そして有名な(?)一家の脱出劇!
国境まであと少し!という所でこの脱出は失敗
一家はつかまり再びパリへ連れ戻されます・゚・(つД`)・゚・
その時にマリーアントワネットの髪が真っ白になったとか・・
彼女にとっても子供達にとっても辛いたびだった事でしょう

パリに戻った国王一家が再び逃げようと思わないように
脱出不可能なタンプル塔へ移されます
実質幽閉されてしまった訳ですね

それからは国王一家にとって破滅への道のりでした
一市民としてルイ・カペーの名を与えられた
元国王ルイ16世の裁判が始まりますが
彼の処刑に賛成した表はわずかに1票差で勝っていたそうです

余談ですがルイ16世が処刑された日は
1月21日   私の誕生日です~!Σ(゚□゚(゚□゚*)
なんという偶然でしょう!?

もう一つ囚人に苦痛を多く与える処刑方法より
なるべく早く処刑が終るように考案されたギロチンですが
皮肉な事にルイ16世がその刃の角度が斜めになる方が
より早く処刑が済むだろうと改良にアドバイスをしていたそうで
まさかその時は自分が処刑される運命だとは思わなかったでしょう(^o^;)

お話を戻して次はアントワネットの番ですが
その前にもう一度悲劇が彼女を襲います(つД`)ノ
最愛の息子ルイ・シャルルと引き離され
同じ搭の中ですが別の階へ連れて行かれてしまいます

そしていよいよ運命の日がやってきました

続きは   また!

次回はいよいよアントワネットの最期の日です!
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://act121.blog94.fc2.com/tb.php/1431-f2e52e9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT