ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どう考えても~元明天皇~

今日は中秋の名月なんですが
関東地方は生憎の曇天で
雲の向こう側がうっすら
明るくなっている様子しか分かりません(っω・`。)

真ん丸お月様のような和同開珎を発行した元明天皇
名前が阿閇(あへ)又は阿部(あべ)といいますが
一般的にはやはり阿閇皇女(あへのひめみこ)でしょうか?

この方の父親は乙巳の変(いっしのへん)
蘇我入鹿を斃しその後大化の改新を行った
天智天皇です!

母親は姪娘(めいのいらつめ)といって
蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわまろ)の娘です

このややこしい名前の倉山田石川麻呂は
天智天皇と共に乙巳の変を行った一人ですが
後にその天智天皇や中臣鎌足と
異母弟達の讒言によって自害しています((((;´・ω・`)))

この時代は身内といっても油断出来ないんですね!
ご当人の倉山田石川麻呂も
一族の本家ともいえる蝦夷・入鹿親子を
滅ぼしているんですから・・・

余談ですが中大兄皇子の名前でも有名な天智天皇ですが
この「大兄(おおえ)」というのは名前ではなくて
同母兄弟の中の「長男」という称号で
「中大兄」は「二番目の大兄」という意味だそうです。
因みに天智天皇の名前は「葛城皇子(かつらぎのみこ)」と云います
多分乳母の出身地か幼い頃育った土地なんでしょうね

阿閇皇女の母姪娘と持統天皇の母越智娘(おちのいらつめ)は姉妹ですが
持統天皇と阿閇皇女は歳がかなり離れているので
母親同士は姉妹とはいっても異母姉妹なのかもしれません

この時代は母親さえ違えば
父親が同じ異母兄弟でも結婚出来ましたし
姉妹同士が同じ夫と結婚生活を送るのも
特に高貴な身分の人たちには
当たり前の事だったんでしょうが
現代人の私にはとってもややこしく思えます

色々寄り道ばかりしていて
中々本題の方には進みませんが
次からは阿閇皇女の人生について
語って行きたいと思います
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://act121.blog94.fc2.com/tb.php/1387-4b02b8ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT