ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

芸術のハシゴ

我が家の近辺ではまだまだ残暑真っ盛りって感じで

つい2~3日前にはセミの鳴き声も聞こえていましたΣ( ̄◇ ̄*)






そんな「秋」とも思えない毎日ですが

昨日の日曜日に上野の東京国立博物館で8日から開催されている

「京都―洛中洛外図と障壁画の美」こちら)に行って参りました







いや~~~~ミヤビな世界を堪能しました~!






それだけじゃなくて作者によって

色々とテーマがある・・・というか

同じように京都の町を描いているにも係わらず

それぞれの個性があるものだな~と感じました






こ~~んなエラそうな事を言っちゃってますが

ワタシは屏風絵だけでなく日本画全体に関しても

ま~~~ったく知識がありませ~ん!!

ただ、な~んとなく描いた人によって

違いが有る物だと思っただけなんです~~(^o^;)ユルシテー!

生意気言ってすみません~!!








京都を俯瞰した様子を描いているそうですが

ヘリコプターも無い時代に京都全体を見渡せるなんて

東寺の五重塔から見た景色という事らしいですけど

現代ではいくら京都といえども

建物が邪魔でこんなに見通せないでしょうね~









あと、二条城の襖絵も見てきましたけど

流石に圧巻でしたね~ヽ(・∀・)ノスゲー!






それから上野公園の広場で奈良県のイベントをやっていたので

お昼に何か食べる物はないかな~?と覗いて歩いたんですが

まだ残暑の時期だからかもしれませんが

その場で食べられる物は売っていなかったんですけど

今やっている「興福寺の仏頭展」こちら)の

割引+絵葉書一枚サービス付きのパンフレットを貰ったので

ちょっと脚を延ばして芸術鑑賞のハシゴをしてきました!!







こちらは「厨子入り木造弥勒菩薩半跏像」に迎えられ

厨子の中で天女が舞っている姿にウットリ

板彫りと木像の十二神将に圧倒されて

「銅造仏頭」で白鳳期の美しさに見惚れてました








因みに「銅造仏頭」は元々興福寺のものではなく

持統天皇のお祖父さんに当る

蘇我倉山田石川麻呂の追悼の為に建てられた

山田寺所有のものだったんですが

後年興福寺に移送された・・・というか

ぶっちゃけ盗まれた物なんですよね~!

で、興福寺が度重なる火災で焼け落ちてしまい

現在はその仏頭だけが残っているという状況な訳です








ワタシはそんな政治的な事はわかりませんが

今、この目で大昔の作品を間近で見れた事に

素直に感謝して感動に浸っていようと思います
スポンサーサイト



| 雑談アレコレ | 16:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |