ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

平家繁栄の立役者~平時子~

気がつけばひな祭りでしたが

エマちゃんがチビ達連れて友人宅へお呼ばれ!のはずが

先方の都合で急遽中止になってしまい

な~~んにも用意が無かったものですから

寂しいひな祭りになりました~(ToT)

今日は張り切るぞ!!小僧寿しで「回転寿司」(予定)








平時子のお話ですが余りにもややこしいので

最早頭の中がグチャグチャになって来ました(;´д`)

何を言おうとしているのか???

まぁ、少しずつ纏めて・・・・いけるかなぁ?






腹違いの妹の滋子が後白河上皇の目に留まって

寵愛を受けるようになり

当の時子は二条天皇の乳母となり

清盛は満遍なくどちらにも身内をいれた事になりますね。

女達だけでなく息子や兄弟も同じように

両方に近侍しているので

どちらに転んでもOK!という訳です!






そのうち二条帝にも女官との間に男の子が生まれますが

肝心の天皇が病の為に急逝してしまい

一気に後白河上皇が政権を握ります!

二条天皇は今際の際に次期天皇を我が子に譲り

六条天皇が即位するのですが

なんといっても幼児。。。というより乳児

まさしく「赤子の手を捻る」状況だったのでしょう。

後白河上皇はここで念願の「治天の君」となります






そして今度は六条天皇側の人達に対して

清盛が政権を手にしようと擁したのが

滋子が後白河との間にもうけた憲仁(のりひと)

高倉天皇の誕生と共に

清盛の・・・いえ。平家の天下になって行きます。
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 00:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |