ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「めのと」の役割~平時子~

最近昼間は睡魔に襲われているくせに

夜になると目が冴えて~~~

特に休みの前日は夜更かししてます~(^o^;)







清盛と結婚した時子が歴史上に登場してくるのが

二条天皇の乳母としてでした






乳母(めのと)というと文字通り

乳を差し上げる存在と思われがちですが

実際は乳を飲ませるだけでなく

教育係とか身の回りのお世話をする人も乳母

その役割は部下の妻がやるわけです。

そして当の部下、つまり乳母となった女性の夫も

当然ながら養い気味の養育をします。

この部下(夫)も乳母夫(めのと)と呼ばれました。






今回の大河でも忠盛の部下が

「(清盛の)乳母夫として~~云々」という

セリフがありましたね~♪





話は逸れましたが時子が乳母となったのは

いつの頃かはわかりませんが

二条天皇が即位した後でその御代の平安を願う為に

住吉の浦(大阪湾)へ天皇代理の役割を務めたそうです。

この時捧げ物は勿論の事

往復に使う同行する人達の衣装やら何やら・・・

莫大なお金が掛かる行事を取り仕切るのは

並大抵ではありません。

ここで清盛の代々貯めこんだ財産が物を言ったんだと思います!






すごいですね~~!羨ましい位のお金持ちです!!

ワタシは貧乏な庶民なので実感は湧きません(´・ω・)





因みに乳母夫婦にも養い君と同じくらいの

子供がいるのは勿論ですが

この子達は「乳母子」(めのとご)と呼ばれ

男の子だったら主君が成長した暁には

一番の側近として台頭してきましたし

女の子だったら幼馴染としてお年頃になると

初恋の相手だったりする事も・・・あると思います(古っ!)
スポンサーサイト



| 歴史斜め読み | 00:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |