ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

誰の子?~淀殿~

最近は我が身内でゴタゴタが続き

ちょっと飛び飛びの更新になってしまいますが

頑張って淀殿の人生を面白おかしく推理したいと思います






宿敵(?)秀吉の側室になった訳は

それこそご本人にしか分かりませんが

ワタシとしては前回の「その3」だったら

物語としても面白いだろうと思います。

それにしても、もし本当に親の敵討ちのためだったとしたら

その執念深さは・・・・怖ろしい~~~

でも、それ位の人だと却って尊敬してしまうかも!?

ワタシは一晩寝ると殆どスッキリ忘れるタイプなので

その辺のオンナゴコロは理解不能ですが・・・( ̄▽ ̄;)






意外な所で「その2」の妹達に遅れを取って焦った!!

これはこれで「オンナゴコロ」の複雑さを醸していますね~。

遅れを取り戻すには誰よりも立派な「婿殿」を!!

当時は秀吉以上の人は天下に居ませんから

さぞかし胸がス~~~っとしたでしょう。





きっとお茶々としては色々な思惑が重なって

ある意味「擬似恋愛」のような気持ちにもなったかも?

天下一と言われる男に言い寄られるのは

やっぱり悪い気分じゃないでしょうから~。






結婚(?)秘話はこの辺にして

それまで子供が居なかった秀吉に

跡継ぎを産んだという事柄について妄想したいと思います。






尤も秀吉に実子が居なかったかというと

そうではなくて幼いうちに亡くなってしまったようで

成長した実子が秀頼ただ一人だったわけです。

だから秀吉に子種が無い筈なのに

お茶々が続けざま懐妊したのがアヤシイ!(`・ω´・)+

というのは間違いのようです・・・・・・が

それでは面白くないので俗説を幾つかあげてみます。



石田光成 大河を観ていると光成はお茶々に対して

     好意以上の気持ちがありそうです。

     実際はどうだったんでしょうね~。

     彼の場合ドラマのようなお茶々に対する気持ち以上に

     単なる「秀吉・命」の人だったような気がします。

     大事な主君の子供だからあれ程入れ込んだのではないかな?




高桐且元 この人は浅井家家臣の息子ですから

     滅亡してしまった元主君の忘れ形見として

     お茶々に対して普通以上の思い入れがあったかもしれません

     光成よりもずっと可能性は高そうです。





大野治長 こちらはお茶々の乳母大蔵卿局の息子で

     母親共々秀頼にも側近として仕えています。
    
     お茶々とは「乳きょうだい」の間柄で

     いわば「幼馴染」でもあります。

     また、後の世でも二人のただならぬ関係が噂されたとか・・・

     候補者としてはこの人がナンバー1でしょう。





このように様々な場面で推測するだけでも

なんとも華々しい経歴の持ち主ですね~。

実際は秀頼は秀吉の子供で間違いないと思います。

でなければあれほど強行に徳川に対抗しなかったでしょう。

それが却ってお茶々と秀頼の不運だったかもしれません。
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 23:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |