ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人生の分かれ道~お江の方~

似顔絵(?)が衣替えしたように

明日は酉の市です!

我が家も鷲神社へ行くつもりなので

今日は先週の続きでお江の方のお話。







二度目の夫が戦死した後に

お江は女の子を出産しました

今で言うところのシングルマザーですが

痩せても枯れても織田信長の姪でもあり

実の姉が天下人豊臣秀吉の側室だった事からも

今日明日のご飯にも困るというような有様ではなかったでしょう。 ( ̄▽ ̄;)






生まれた女の子が三歳になるかどうかという時に

又もやお江に結婚話がやってきます。





今度のお相手は徳川家康の息子秀忠でした。

秀吉は家康を敵に回したくないという思いから

以前に人質として実の妹を家康へ嫁がせています。

その妹朝日(旭)が亡くなってしまったので

後釜として愛妾お茶々の妹を手駒にしようとしました(`・ω´・)+





ここで何故当の家康ではなくて

息子の秀忠だったか?
という疑問があります。

家康と手を組みたいと考えていたのなら

ご本人の正室とすれば話は早いのにっ!?






秀吉としては若いお江を

家康にくれてやるのが惜しかったのかもしれません。

お茶々が嫉妬さえしなければ

憧れのお市の忘れ形見を二人まで傍に置くという

下心が無きにしも非ずだったのではないでしょうか?

それが適わなかった時にも

同年代の家康にはやりたくなかったのでは無かろうかと

下世話なお話ですがありえない事では無いと思います。 ( ̄~ ̄;)





徳川秀忠に嫁ぐ事が決まったお江ですが

その心中は如何なものだたでしょう?

何といっても二回も出戻ってきた

二十二歳の子持ち女に対し

お相手の秀忠はわずかに十六歳


今の年代で考えてみますと

卒業間近の女子大生と入りたての高校生です!





年の差六歳の姉様女房であるお江ですが

彼女の人生はここから始まったと言っても良い位です。




ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
      
      にほんブログ村 家族ブログ 四世代同居へ
           
      
      TREview



携帯の方はこちらをお願いしますm(_ _)m           
     FC2 Blog Ranking
     家族ブログ 四世代同居
     ブログランキング 歴史
     TREview『その他』ブログランキング
スポンサーサイト



| 歴史斜め読み | 21:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |