ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

朝廷と将軍家のコラボ!?-明正天皇―

来年の大河ドラマは「お江(おごう)の方」だそうで

お市の方の三女に当り淀殿の末の妹です。

 

 

今回はお江の方の孫が

女帝になったというお話をしたいと思います。

 

 

お江の方は二代目将軍秀忠の正室として

二男五女の子供を産みました。

その末娘の和子(かずこ・まさこ)が

後水尾(ごみずのお)天皇へ入内する話が持ち上がります。

この縁談は将軍家が武士達だけでなく

朝廷や貴族達も牛耳ろうと言う目論見が窺えます。

 

 

家康の希望で始まった縁談ですが

入内するまでに幾つかの波乱が起こります。

当の御本人家康が間もなく死亡してしまったり

その後衣装道具などの支度が整いかけると

秀忠の方から朝廷に対してクレームが付けられます。

 

 

 

後水尾天皇に仕える女官が

天皇の子を身籠ったというのがその理由です。

 

 

 

平安以前から天皇や貴族達にとっては

日常茶飯事なのですから

なぜ文句を付けられるのか分らない始末。

 

 

 

将軍家でも正室のほかに側室はいるもの   ですが

二代目将軍秀忠は父家康に似ず

正室お江のほかは側室を持っていませんでした。

 

 

アッパレな女房思いというのは早とちり

彼も正式な(?)間柄ではないのですが

お江のほかの女性との間に子供を儲けています。

後の会津藩主保科正之です。

 

 

一旦決まった縁談が破談になってしまうのは

後水尾天皇にとっては痛恨の一撃

何とか秀忠のご機嫌を直さないといけません。

 

 

いつになったら和子は入内できるのでしょうか?






ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |