ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

一日遅れの遊女考

昨日は法事位牌という事で柄にも無く

パンプスなんぞを履いて出掛けたパンプスためか

情けない事に足が痛くて仕方ありませんでした  (・ω・;)ツカレタ

 

 

 

今までワタシは遊女と聞くと

「春(体)を売る女性」252としか思い浮かびませんでしたが

元々は旅をしながら264踊り441を見せて歩く女性達

云わば旅芸人の意味で遊女(あそびめ)と呼ばれていました。

 

 

人類の一番古い職業として揚げられる売春ですが

ワタシ達が考えるような「廓(くるわ)として85

一定の場所で客を呼び込むというスタイルは

かなり後の時代でなければ出てきません。

 

 

日本古来の結婚形態465がその一因だと思われます。

夫婦といえども夜を共に過ごすだけの間柄483

男は当然複数の「通い所」を持っていましたし

女も別の男が通って来る事も珍しくなかったでしょう。

恋愛にしても当時は全て肉体関係が伴っていて

今のようなプラトニックという形態は存在しませんでした。430

しかも手紙に気の利いた和歌でも書いて送れば

即座に恋愛関係に持ち込めるというお手軽さ。295

 

 

こんなフリーダムな男女関係の中では

「廓」という場所自体が不要だったでしょう。358

 

 

旅芸人の呼び名であった筈の遊女

いつ頃から客を待つようになっていったのか??250

 

 

続きは   また。






ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview

 

 

スポンサーサイト



| 歴史斜め読み | 22:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |