ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

遅すぎた誕生―藤原定子―

いやぁ、今日の寒さは格別です!

この分じゃ。。。。お山は雪276だんべぇ(;^_^A

 

 

 

法体の妊婦として顰蹙をかってしまった定子ですが

生まれたのは男の子。511

伊周たちが都で健在ならば

形勢逆転間違いなしだったのですが

今は罪人として遠く離れてしまいました。406

 

 

 

娘を入内させたばかりの道長を憚って

子供の父・一条帝20との面会もままなりません。

 

 

敦康(あつやす)と名付けた息子が

一条帝と対面する為に交わされたのが

32彰子の立后です。32

ここに史上初めての一帝二后が誕生しました。

 

 

 

そして後ろ楯もしっかりしている中宮彰子352と引き換え

兄弟が都で官位に就いていたならば

一躍脚光を浴びる存在であったにも係わらず21

皇后とは名ばかりの寂しい生活を送ります。 

 

 

この後も一人の帝に二人の后は何人か居ましたが

どの御世も中宮の華やかさ254に比べ

皇后と呼ばれる立場の人は

権力争いの圏外に追いやられている人が多いようです。13

 

 

 

ひっそりと忘れられたような暮らしを送っていた定子513

このまま、ただ生きていくしかないのでしょうか?

 

 

続きは     また。






ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview

 

スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 19:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |