ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

不幸の方程式―藤原定子―

暦の上では本日「立冬」だそうです。276

この2~3日の暖かさ278からすると信じられません!

 

 

 

父道隆没後は叔父である道兼が後を継ぎます。

中宮として定子も伊周を推していたでしょうが466

やはり母后の意向がモノをいったような感じです。91

 

 

そしてその後道兼が流行病277で亡くなると

再び「母対妻」の戦いが始まろうとしていました。41

 

 

 

最終的には「息子の寝室」75まで押しかけるという

荒業で勝利を手にした母・詮子です。184

その後伊周と隆家の兄弟が不祥事を起こし

「左遷」という名を借りた「流罪」になってしまいますが

その時とんだ愁嘆場が演じられます。405

 

 

兄弟を憚って宮中を退出していた定子の元へ

逃げ込んでしまったのです!29355

 

 

当時のしきたりとして身分の高い人間、特に女性の居室へは

下級役人は立ち入る事が出来ません。430

つまり、伊周達は絶対安全な場所へ避難したも同然でした。 437

 

 

しかし、一条帝から検非違使(けびいし・当時の警察官)

中宮の邸を捜索する許可295が出てしまい

泣く泣く定子は兄弟たちと離れます。259

 

 

隆家は諦めて任地へ向かいますが230

伊周はその後も姿をくらまし、逃げ回り

人々は失笑さえして成り行きを見守っていました。317

 

 

 

庶民にさえも呆れられるほどの醜態を曝してまで

伊周は逃げなければならなかったのか? 394

 

続きは     また。






ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview

 

スポンサーサイト



| 歴史斜め読み | 21:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |