ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

道長の時代を作って・・・―東三条院詮子―

昨日は思いがけず

加藤和彦氏の突然の訃報を耳にして282

大きな衝撃を受けております。451

本当に才能のある人が段々居なくなってしまう~~!

 

 

末弟の道長が権力の座につき

あまつさえ、強力なライバルであった伊周

弟の隆家が花山院に狼藉を働いたとして

一族は没落の道を辿っていきます。 164

定子も兄弟を憚って形ばかりとはいえ

出家の意を表し、内裏から退 出。

形ばかりですが出家してしまいます。 390

 

その間隙を縫って道長の長女彰子(しょうし・あきこ)を入内させます。513

 

 

残るは彰子を中宮の地位につけるだけですが

当時三后の地位には

太皇太后   昌子(しょうし・まさこ)内親王《冷泉天皇のきさき》

皇后      遵子(じゅんし・のぶこ) 《円融天皇きさき》

中宮      定子《一条天皇きさき》 

 

基本的に皇后は中宮と同じなのですが

定子が入内した時には

太皇太后   昌子

皇太后    詮子《一条天皇の母》

皇后      遵子

と、三后が塞がっていたところを

皇后と中宮を強引に442分けてしまっていたので156157

太皇太后   昌子

皇太后    詮子

皇后      遵子

中宮      定子

四后並立という変則的な形になりました。441

 

 

後に詮子は出家したため、女院となり

皇太后の地位を退き

太皇太后の昌子が病死した事もあって

当時は二后のみとなっており

彰子の立后に支障はないと思われましたが・・・・345

 

続きは     また。






ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview

 


スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 11:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |