ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

まさかの誤算―藤原薬子―

最近は見かけなくなってしまいましたが

昔、ワタシがまだ純情可憐な子供だった頃にガール(そんな時代もありました)

この次期よくTVでやっていた「怪談話」38、好きでしたねぇ。

 

 

 

政治に夢中だった頃は気にも留めませんが

思うような成果が得られなくなってくると

平城天皇は途端にやる気をなくしただけでなく

それが自分が死に追いやった異母弟の

伊予皇子の呪い40だと思い込み

恐怖におびえる毎日となっていきます。11

 

 

一度嫌気がさしたらもう全くやる気が起きません。

なんてったって純粋培養の「お坊ちゃま」男の子ですから。

 

 

「自分が天皇で居ると呪い殺される」とまで思い込む始末。

そこには父桓武帝に謀反の罪をきせられた

叔父・早良皇子の面影が見えたかも知れません。277

 

遂に在位わずか4年ほどで皇太弟の

神野(賀美野とも書きます)皇子に譲位してしまいます。プレゼント

 

賢帝と呼ばれた 嵯峨天皇(さがてんのう)です。王冠

 

 

折角手に入れた権力の座を意図も簡単に手放してしまう422

薬子は側でハラハラして見ていたのかもしれませんね。452

太政天皇(上皇)となった平城帝は体調が良くなってくると

自分の政策が悉く覆されていくのを観て

もう一度権力をてにしたくてたまらない!91

勿論薬子やその一族も例外ではありません。

 

そこで・・・・・・

 

 

続きは       また。






ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview
スポンサーサイト

| 歴史斜め読み | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

権力者の寵妃(再)―藤原薬子―

先週UPした分ですが、何という事か216

誤って消してしまった11ので再度書き込みます。

同じ文章は当然無理ですが、同じところまでは持って行きます。432

 

目出度く平城帝の元へ戻った薬子は

侍所(ないしどころ)と言う天皇の御言葉を伝える役所で321

典侍(ないしのすけ)から長官職である尚侍(ないしのかみ)へと

順調に昇進していきます。442

薬子のクチから出た言葉はすべて天皇の御心となり

異論を唱えたら即、天皇に対して「謀反の心あり」とされてしまう。350

 

薬子はやりたい放題も可能な立場だったといえます。91

 

 

薬子の身内も異例の出世を果たします。

兄の仲成(なかなり)はともかく、である縄主(ただぬし)も例に漏れません。451

 

 

 

自分の妻が不貞を働いたのにそのおかげで出世するなんて

まるでTVドラマ55のようですが

当時の結婚は「通い婚」106が基本形態で「夜を共にするだけの仲」。

男も複数の通い所を持つのが当たり前の時代です。

妻の不貞云々467よりもむしろ

それで出世が出来れば万々歳jumee☆faceA191Ljumee☆faceA191Rといった所でしょうね。

 

 

 

こ頃の薬子は得意の絶頂だったともいえます。

 

このまま「薬子の天下」442が順調に行くと

誰もが思っていた矢先・・・・

 

 

続きは       また。






ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
   ブログランキング・にほんブログ村へ  TREview

| 歴史斜め読み | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |