ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

結婚前夜の逸話―夏目鏡子―

現代の「婚活」絵文字名を入力してくださいは自分で相手を見つけますが

明治の御世では親類・近所あらゆる人が

年頃になると本人の代わりに「婚活」してくれました。339

 

 

漱石の波乱万丈の子供時代などは

「道草」87で詳しく知る事も出来ますが

要約すると年の行った両親の「末っ子」511

母親が「こんなに年を取っているのに子供を生むなんて恥ずかしい」

嘆いたとか。。。。。263

子供も沢山居たので養子に出されますが422

養家でゴタゴタがあって戻されたり

決して「良い環境」の下では無かったのです。441

 

 

鏡子夫人は明治10年生まれ漱石より10歳年下です。

父親は中根重一といい、貴族院書記長帽子

今で言う国家公務員をしていました。

中根家の長女として生まれ、小学校を卒業後は102

学校へは行かずに家庭教師に教育を受けるという

生粋の「お嬢様」339でした。

 

 

お祖父さんの碁仲間の同僚が漱石のお兄さんだという関係から

19歳の時にお見合い話がきました。266

 

 

お互いの第一印象はどうだったでしょう

 

 

漱石の方は

歯並びが悪いのにそれを隠そうとしない

おおらかさ68が気に入ったようです。

 

 

鏡子嬢では

わざわざ「(漱石に)あばたはありません」と断っておきながら

鼻の頭が「あばた」でデコボコしていた事だけが印象に残っています。凸凹 

それでも、目出度く婚約が成立しました。32

当時漱石は松山に赴任していたので

いずれ東京へ帰ってから――となりました。汽車

 

 

 

余談ですが、漱石のお父さんは警察庁に勤めていて474

その下役にいたのが樋口一葉さんのお父さん

樋口家は貧乏で漱石のお父さんからお金を借りたりしたそうです。233

その、一葉さんと夏目家の長男の間に縁談が持ち上がりかけますが

「今でさえ金を借りられてしかも返済しないのに

娘を貰ったらどうなることか」とお父さんが心配した為

話は纏まらなかったそうです。358

 

 

現五千円札の一葉さんを貰い損ねた夏目家。

旧千円札の漱石氏との意外な関係です。451

 

 

続きは        また。

 

 

 



ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
       ブログランキング・にほんブログ村へ      TREview
   FC2 Blog Ranking   にほんブログ村    ブログランキング    TREview『その他』

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



| 歴史斜め読み | 23:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悪妻の本当の姿は。。。良妻―夏目鏡子―

「良い妻を持てば、幸せになるだろう

悪い妻を持てば、哲学者になるだろう」とは、

ソクラテスギリシャの言葉ですが295

世間に広く“悪妻”の汚名を着せられ359

その実、夫にとって一番の理解者であり

最も“良い妻”360であった人を紹介したいと思います。

 

 

夏目鏡子さん女にかっ    (本名・夏目キヨ)

文豪87として名高い夏目漱石夫人です。

 

 

鏡子夫人はヒステリー症状で度々夫を悩ませ409

タダでさえ多忙な漱石に肉体的・精神的負担をかけたとか

夫の仕事を理解しようともしない身勝手な妻とか

色々言われておりますが、一説によりますと

数多いた弟子達によって言われていたようです263

 

「偉大なる大先生に対してナンタルコトーーーっ!」怒る

といった按排でしょうか舌

漱石晩年の作品“道草”が自伝的内容だった事もあって

そこに書いてある夫人の様子が過大に解釈されていたのかもしれません。かおまる

 

 

 

でも、当の漱石御本人はどう思っていたのか

一時は夫婦間が危ういこともあったでしょうが(何処の夫婦もあると思います)

お互い相手を信頼し、愛し、愛されていた345のだと思います。

 

 

知らない土地での慣れない生活

また、最初の妊娠で不幸にも流産した事 406

若い夫人の精神状態が不安定になった事も事実でしょう

そのために夫が大変苦労させられたのも否めません。441

でも、夫婦生活の中で鏡子夫人がしてきた苦労

ロンドン留学中に勉強のし過ぎかどうか

“夏目発狂”Σ('0'*) と言われ、早期帰国した後も船

『神経衰弱』の所為で夫から非道い目に合わされても

「夫が辛く当るのは病気の所為で、

自分に愛想をつかせたからではない」と、周囲がどんなに勧めても

断固として離婚を拒否します。

 

 

サスガに明治の女性は芯が強いですね。91

ワタシなんかはすぐに尻尾を巻いて逃げ出しました。。。。。275

 

 

 

ワタシから見たら「女の鑑」460とも思える鏡子夫人が

何故“天下の悪妻”のイメージで見られたのか

考えてみたいと思いますo(´^`)o

 



続きは       また。



ランキング参加してます。宜しかったらポチっとお願いします。
       ブログランキング・にほんブログ村へ      TREview
   FC2 Blog Ranking   にほんブログ村    ブログランキング    TREview『その他』

 

 

 

 

 

| 歴史斜め読み | 08:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |