ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お花見・再びっ!ワッショイ!!

関東地方ではソメイヨシノが散って

「お花見シーズン」も終わり444

 

 

と、思いきや

ここチバジマの我が家のベランダで家

今年も2度目のお花見が始まりました252

≫ Read More

スポンサーサイト



| 家族の徒然 | 19:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニがオットでオットが・・ややこしやぁ???―推古天皇―

“贅沢で華やかな結婚生活”267

早々に結婚生活を挫折したワタシには

なんとも羨ましいかぎりです。440

 

 

額田部皇女が結婚した相手は後の敏達天皇(クドイようですが、当時は大王)

さすがに皇女ともあろうお方は我々とは違いますね。

敏達天皇は和風諡号(わふうしごう・おくりな)

渟中倉太珠敷(ぬなくらふとたましき)といい、欽明天皇の皇子ですから

額田部皇女にとっては異母兄にあたります。あんぐり

 

 

子供はある年齢になるまで、乳母の本拠地で育てられかあちゃん

その後は母の元で暮らします。

そのため、きょうだいとはいえ母親が違えばまるで他人も同然。

「異母きょうだいの結婚」は上流階級では当たり前でした。482

 

 

結婚当初は広姫という皇后(おおきさき)が居ましたが

広姫早世後に額田部姫が皇后に立ちました。

美しい額田部姫は敏達天皇との間に2男5女をもうけます(長女はアノ聖徳太子妃です)

 

 

この頃祖父稲目時代に渡って来た仏教文化おじぞうさん

私的に信仰する蘇我家と

日本古来の神教を支持する物部の対立が深まります。

馬子が仏塔を建てると物部守屋が焼き払い41

仏像を堀江に流したり海(元居た国へ帰れという意味)

日本で最初に出家した尼僧(なぜか尼さん)

守屋が危害を加えて廷臣の顰蹙(ひんしゅく)をかったり・・・

どちらも“宗教”の名を借りてはいますが、

政治権力をめぐってのいがみ合いに他ありません。

 

 

そんな中で敏達天皇は病が重くなり亡くなってしまいます。線香

当時天皇始め高貴な人が亡くなると遺体を棺に納めて仮に祭り

仮小屋を建てて死者の蘇生を祈りつつ、死を確認したり(仮死状態の場合もあるので)十字架2

死者の霊を慰めるという意味の(もがり)が行われました。

 

 

当時の額田部皇后は30歳を出たばかりでしょうか。

今ならまだこれからの女盛りの年頃ですね。235

当時としてはもう「中年」という年齢ですがおかあさん

そこは美貌を謳われた額田部皇后です。352

その殯の最中に―405

 

続きは    また。

| 歴史斜め読み | 08:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |