ちょっと寄り道しませんか?

愚痴や気が付いた事等を書いていきますのでちょっと寄ってってね♪

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

昔の美女はハンパないっ!!―右大将道綱の母―

チバジマは知事選挙を明日に控え
候補者が「最後の追い込み」に必死でしょうね。


今回は大昔の「政治家の妻」でもあり、
母でもある人の紹介をします。


   嘆きつつ独り寝る夜の明くるまは
  
       いかに久しきものとかは知る



百人一首にも出てくるこの歌の作者
名前は伝わっておりません。


この時代は女性の名前をそのまま呼ぶ事はなく女の子
肉親の役職名である○○式部とか○○納言とか
親や夫の役職若しくは住んでいる場所等々・・ですね。



平安時代の代表文学「源氏物語」でも
本名が書かれている人物は居ません。
それは、「本名を知らせる」事がタブーとされていたのであって、
決してあの紫式部サン(勿論本名ではありません)が
ロマンチックに浸って作ったわけではなく(実際、すばらしい呼び名のオンパレードですが)
こういう呼び方が当 然だったからです。



この「道綱の母」は何故有名かというと、
歌が巧みで(勿論、三十一文字の和歌です)文才もあり、
しかも「王朝三美人」の一人とされるほどの美貌だったそうです。びっくり



そして、何よりも「かげろふ日記の作者として
現代にも通じる“女の嫉妬”の辛さ・切なさを綴った人です。 41

彼女の結婚相手は藤原兼家といい、平安時代の栄華を極めたと言われる
藤原道長のお父さんです。208
尤も、道長は彼女の産んだ子供ではなくて
“もう一人の妻”482である時姫が母親です。 


この兼家との馴れ初め328 や、 結婚後、彼女が味わう「苦しみ」「悲しみ」については

また、明日・・・
スポンサーサイト



| 歴史斜め読み | 08:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |